FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鋼統一大会使用構築】-Gravity gross drill-【硬鋼杯】

お久しぶりです。とちんです。
今回はがっすさん主催の硬鋼杯で使用した構築の紹介になります。
結果としては初戦敗退。更に鋼統一大会での構築という事もあり、普通のポケモン対戦で参考になるかどうか怪しい記事になるのは明白•••。
しかし、これを読んでくださった方々に何かしらの閃きや、パーティーを構築する際のインスピレーションに結びつくきっかけになればと思い筆をとった次第。

【構築経緯】
自身初の統一パということもあり、統一タイプが鋼ということで風船や特性での不安定な受け回しはズッパシ切り、コンセプトを押し付けて勝とうと決め、そこで目を付けたのが「重力+高火力地震」での3タテ•••攻撃こそ最大の防御である。
パーティーのメンツはこんな感じです。



重力+地震アムハンで全ての鋼タイプをたたき伏せる事が可能で、火力補強アイテム無しの地震を1発耐える耐久と鋼タイプの中でもトップレベルの素早さを持つメガメタグロス。
重力下であれば風船を無効化しつつKP上位になるであろうヒードランより速く、鋼タイプの中でも足が速く一致地震を放てる陽気鉢巻ドリュウズ。
ほぼ全ての鋼タイプに対面有利が取れつつ全抜きも視野に入れられる襷ニトチャヒードラン。
この三体を基本選出としたパーティーを組みました。
周りのポケモンはこの3体で重めなメガルカリオやメガメタグロスを強く牽制出来るポケモンが良いと考え、鋼統一大会で想定されるグロスルカリオの技構成を踏まえて後出し性能を高めた風船ギルガルド。
電磁波や補助技をチラつかせ単純に足の速いアタッカーを軸にした選出をさせ辛くさせるクレッフィ。
トリル軸相手に弱過ぎず、エンペルトの一貫性を切る申し訳程度の抵抗としてナットレイ。
各採用ポケモンの意図はこんな感じになります。



【個体紹介】



メガメタグロス 陽気hAS
地震 アムハン 守る 重力

重力グロスを使いたいが為に組んだパーティーなので構築の顔ともいうべき存在。
仮に重力抜きにした単体でも、700族の圧倒的種族値の前ではスカーフドリュウズやメガルカリオといった速さを売りにしたアタッカーには対面で基本負けません。
散り際に重力を選択する事で裏のドリュウズの一貫性を強化したり、ヒードランの技外しによる運負けを作らせず、大地の力の一貫を作ります。





ドリュウズ 陽気AS@鉢巻
地震 ドリルライナー 剣舞 身代わり

基本的に重力下でしか使わないと割り切った構成。重力鉢巻地震を交代から受けられる鋼ポケモンなんていませんので間違いなく最強の鋼ポケモン(対面ならハガネール、メガボスゴドラに受けられますが)。
地震とライナー両採用はワイドガード持ちギルガルド意識(そんな奴いんの?)で、鉢巻なのに剣舞身代はクチートやキリキザンからはたき落とすを受けた後にも強気な不意打ち択に持ち込む為です。ドリルに頼るのは甘え。






ヒードラン 控えめCS@襷
大文字 大地の力 ニトチャ 岩石封じ

鋼統一大会においてのガブリアスポジションといっても過言では無い最強のポケモン。対面性能を高める為に襷で採用。
風船ヒードランと対面しても岩石封じから入る事で楽しい択ゲーに持ち込めます。
対面の相手に対して確実に仕事をする事で面倒なスカーフ、風船、襷あたりの持ち物の内、1つを潰す重要な役回りを担ってもらいました。





ギルガルド 臆病HcS@風船
シャドボ キンシ ボディパージ 道連れ

見せポケ1号。面倒な高速鋼ポケモンであるメガメタグロス、メガルカリオのメタ+牽制役としてのポケモン。
風船を持つ事でグロスルカリオへの後出し性能を高め、風船が割れても補正をかけた素早さから低速の鋼ポケモン(メガクチート、ハガネール、ボスゴドラ)と無理矢理手を繋ぎ連れて行きます。
また、高い耐久から1発耐えてボディパージ→道連れで確実に一体持っていくorシャドボ道連れの択を押し付けて相手を掻き回す役も与えました。






ナットレイ 意地っ張りHA@ヨプ
パワーウィップ 地均し 電磁波 剣舞

見せポケ2号。元から選出する予定は無く、ぶっちゃけ数合わせなトコは否めないですが、申し訳程度のエンペルト避けであり、ドリュウズはスカーフしかいないと割り切ってのドリュウズ避けとして採用。
この枠は後述のクレッフィとの兼ね合いでルカリオを入れるのが最良ですが、エンペルトに強めでトリル軸へも弱過ぎないポケモンとして選択しました。






クレッフィ 穏やかHD@オッカ
いちゃもん 守る イカサマ マジックルーム

見せポケ3号。鋼統一パーティーを組むにあたり、何処かでクレッフィのマジックルームから鋼最速のメガルカリオで厄介な持ち物を無効化し抜いていく構築の記事を読み、対戦相手がマジルクレッフィを警戒すると信じての採用。
選出するつもりはナットレイ同様さらさらなく、単純にクレッフィ自体が威張る運ゲー以外にも補助技が豊富で厄介なポケモンなので、選出画面にいるだけで選出を歪ませる効果(電磁波で足が止まるアタッカーの抑制)に期待して投入。





【おわりに】
初戦敗退も自分の阿呆過ぎるプレミ(プレイングミスと言えるか疑わしいレベルでのポンコツなミス)が原因だっただけに悔しいを通り越して情けなくなりました()
結果は伴いませんでしたが、鋼統一大会における重力グロス+裏の一致地震持ちの並びはパーティーを考察している段階でも「これは確実に強い」と自信を持っている並びなので、いつかまた鋼統一大会とかあればリベンジの意味でも似たような構築で参加したいと思います。
試合数をこなせていないのでコンセプトが刺さっていたかは判断しかねる所ですが、試合後の感想戦ではプレミしなければ重力地震の一貫で勝てていたっぽいので、重力地震でのメタやコンセプトは機能していたのかな、と思います。

最後に、イカした大会ロゴで参加しよう!という気持ちにさせて下さった主催のがっすさん。ありがとうございました!
また、参加者の方々。お疲れさまでした!


Twitter→【@5lem107
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。